茶漬けと玉子焼き

swiftとrubyの教室

【Swift】Firebaseを使ってチャットアプリを作る。2 〜Firebase をアプリに追加する〜

この記事は、以下の記事の続きとなっております。

【Swift】Firebaseを使ってチャットアプリを作ってみる。1 〜画面を作る〜 - 琵琶湖の学生。


前回までで、チャット画面を表示できるようになりました。
今回は、アプリにFirebase を追加していきます。

Firebase プロジェクトの作成

Firebase のコンソールページから「新規プロジェクトを作成」ボタンを押して、新しいプロジェクトを作成していきます。

f:id:biwako_no_otyazuke:20161130002849p:plain

プロジェクト名を設定します。
今回は、chat-app にします。

f:id:biwako_no_otyazuke:20161130003000p:plain

「プロジェクトを作成」ボタンを押すと、以下の画面に飛びますので、「iOS にFirebase を追加」ボタンを押します。

f:id:biwako_no_otyazuke:20161130003524p:plain

バンドルIDを設定し、「アプリを追加」ボタンを押します。
「アプリのニックネーム」「App Store ID」は今回は省略します。

f:id:biwako_no_otyazuke:20161130003758p:plain

次の画面に遷移すると、自動で「GoogleService-Info.plist」というファイルがダウンロードされているので、これをドラッグ&ドロップで、Xcode に追加します。

f:id:biwako_no_otyazuke:20161130004018p:plain

Firebase をアプリに追加する手順が表示されますので、指示の通りにcocoapods で追加してください。

f:id:biwako_no_otyazuke:20161130004256p:plain

これで、アプリにFirebase が追加されました。
しかし、このままではログインしなければ、ユーザはデータの読み書きができません。今回は、ログイン機能まで実装しませんので、ログインせずにデータの読み書きが可能なように設定を変更します。
サイドバーのDatabase の「ルール」タブを選択し、以下の画像のように変更してください。

f:id:biwako_no_otyazuke:20161130004621p:plain

今回はここまでです。
次回でメッセージを送受信できるようにしていきます。

【Swift】Firebaseを使ってチャットアプリを作る。3 〜メッセージを送受信できるようにする〜 - 琵琶湖の学生。