茶漬けと玉子焼き

swiftとrubyの教室

【Swift】Fabricを使ってTwitterクライアントアプリを作ってみる 〜その1〜

swiftでFabricを使ってTwitterクライアントアプリを作ったので、その過程をこれから何回かに分けて晒していこうと思います。

行ったこととしては

  • Fabric Twitter SDK の導入
  • ツイッターアカウントでのログイン機能
  • タイムラインを表示
  • ツイート機能

Xcode 8.1, swift 3.0 での開発になります。

 

 

Fabricって?

The Tools You Need to Build the Best Apps

公式サイトにあるように、スマートフォンアプリ開発者が体験するよくある課題に対応する、複数のモジュラーキットからなるプラットフォームです。

2016年11月22日現在では、14のキットが存在し、

TwitterへのログインやTwitter APIの呼び出しが可能な Twitter Kit

クラッシュ統計、リアルタイム分析等が可能な Crashlytics

広告配信による収益かが可能な MoPub

などで構成されています。

 

 Twitter SDK のインストール

https://get.fabric.io/

  • こちらから、Get Started with Fabric をクリック
  • 案内に従ってSDKをダウンロードします。
  •  インストール後Fabricを起動
  • 使用するプロジェクトを選択

     f:id:biwako_no_otyazuke:20161122163039p:plain

 

  •  インストールするキットを選択(今回はTwitterを選択)

     f:id:biwako_no_otyazuke:20161122163030p:plain

 

  • Xcodeにインストールする

     f:id:biwako_no_otyazuke:20161122164216p:plain

 

     f:id:biwako_no_otyazuke:20161122164504p:plain

 

  •  ApDelegate.swift に以下を追加 

import Fabric

import TwitterKit 

Fabric.with([Twitter.self])

 

 

以上で Twitter SDK のインストールは完了です。

 

この記事を書いている時に、はてなの「見たまま編集」というのを使ったため、コードが見づらくなってしまった。次からはマークダウンで書くようにしよう。。。

 

 続きはこちら

【Swift】Fabricを使ってTwitterクライアントアプリを作ってみる 〜その2〜 - 食後のSwift ~琵琶湖からコンバンハ~